老人性イボの取り方

いぼに関する様々な知識や取り方を紹介していくブログ

イボの種類

脇の下にできるイボの原因や種類・除去する方法を徹底リサーチ!

更新日:

脇の下のイボ

脇の下のトラブルで困った経験はありませんか?

  • 脇の下にイボができた
  • 脇のイボが急激に増えた
  • いつの間にか黒ずんでしまった

こんな悩みを抱えている方は少なくありません。

ここでは、脇の下にできるイボや黒ずみの原因・対処法について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

イボぽろり|336×280「記事下」

脇の下にイボができる原因は大きく分けて2つある

脇イボ 原因

脇の下にイボができる理由には、大きくわけて「内的要因」「外的要因」のものがあります。あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、どちらの原因によってできたイボなのかが分かれば対処がしやすくなります。

また、内的要因と外的要因の両方が複合して脇イボが発生するケースが多いことにも留意しておきましょう。脇イボの治療法をご紹介する前に、まずは原因となる内的要因・外的要因について詳しくご説明します。

内的要因

健康面において内的要因とは「本人の遺伝子や体質などの原因によって起こる症状」を指します。
主に「加齢」が原因で発生した脇イボのことを、「内的要因で発生した脇イボ」とみなすことができるのです。

内的要因で発生したイボは、外からの影響に関係なく、歳を取ったことで勝手に発生したイボなので少し厄介です。当たり前に起こりうる老化現象なので、歳を重ねるごとに予防が難しくなっていきます。

「加齢」という原因は避けようがないので、内的要因によるイボは基本的に薬で治すことはできません。歳を取ると脇イボができてしまうのは仕方がないとあきらめて、病院で手術を行って切除するのが一般的な治療法です。

ただし、若いうちから予防を心がけていれば内的要因による脇イボのリスクを減らすことは可能です。人間の肌は「活性酸素」によって老化を早めることがわかっており、体内の活性酸素を減らすことで肌の老化を遅らせることができるからです。

タバコやお酒を始めとした活性酸素を増長させる習慣をやめ、抗酸化作用のある食材を食べるようにするだけでも少しづつ効果は現れるでしょう。逆に、不健康な生活を続けていると体内の活性酸素が増えてしまうため、脇イボができる可能性が上がってしまうといえます。

外的要因

外的要因とは「外部からの刺激によって発生する症状」のことです。

例えば、紫外線・衣服の摩擦・髪の毛などの刺激・肌の乾燥など、生活習慣や生活環境によって発生する脇イボを「外的要因で発生した脇イボ」とすることができます。

外的要因によって発生する脇イボは、原因がわかりやすいので対処も簡単です。

原因が紫外線なら日焼け止めクリームを使う、衣服の摩擦なら肌に優しい服を着る、髪の刺激なら髪を短くする、乾燥なら保湿に気を遣う…など、外的要因の脇イボに対してはすぐに的確な対処を行うことができます。

外部からの刺激が原因なので年齢に関係なく発生してしまうのが外的要因の脇イボの厄介なところですが、しかしちゃんと対処すれば比較的簡単に治せるという側面もあります。

脇は顔や手足と比べて外からの刺激を受けにくい場所ではありますが、衣服の着方やファッションによってはむき出しになる場合もあります。

特に女性はノースリーブの服を着ていたり、長髪が脇にかかったりするので、女性は男性よりも外的要因の脇イボが発生する確率が高いと考えられています。

脇の下にできやすいイボの種類は?

脇イボ 種類

脇の下にできるイボの多くは「老人性イボ」と呼ばれる良性の腫瘍です。

加齢などの内的要因、または紫外線などの外的要因によって発症するデキモノで、イボそのものが健康的な被害をもたらすことはありません。老人性イボの場合、見た目を気にしない限り、放置しておいても大して心配する必要はないでしょう。

脇の下にできやすい老人性イボには、いくつかの種類があります。ここでは、種類ごとの特徴や対処法について詳しく説明していきましょう。

アクロコルドン

アクロコルドンは、老人性イボのなかでは小さい部類に入るイボです。
大きさは1個あたり1~2mmほどなので、脇の下にできていても気づかれないということもあります。

また、全体が扁平に盛り上がるような形をしていることが多いため、イボではなくシミや肌荒れと誤認されることも多い症状です。肌色から茶褐色に近い色をしていることも、アクロコルドンをシミと間違えてしまう理由のひとつでしょう。

アクロコルドンはサイズが小さいため正しく対処すればわりと簡単に治ります。痛みは全くありませんので、放置しているうちに自然治癒してしまったというケースも珍しくありません。

しかし小さいぶんちょっとした外的要因でも発生しやすく、放置したことで逆に増える場合もあるということに注意しましょう。

軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)

軟性線維腫は、アクロコルドンがさらに肥大化したものです。アクロコルドンと軟性線維腫の間に明確なサイズの規定はありませんが、一般的に直径5mmを超えたアクロコルドンが軟性線維腫と呼ばれています。

色は肌色から茶褐色で、アクロコルドンとほとんど同じか、若干濃い色をしていることもあります。

脇イボの存在に気づくのは、軟性線維腫サイズになってしまってからというケースが多いようです。アクロコルドンに比べて立体的に盛り上がっているということも多く、サイズも大きいので入浴時の手触りなどでその存在に気づきます。

ここまで大きくなってもアクロコルドン同様に痛みを感じることはないため、触って確かめるまでは気づきにくいというのが厄介なところです。

懸垂性線維腫(けんすいせいせんいしゅ)

懸垂性繊維腫は、脇の下にできやすい老人性イボのなかでも最大サイズの種類です。

イボ1個が直径1~2cmになることもあり、大きすぎるために皮膚からダラリと垂れ下がるようにしてイボが突出します。色は肌色から茶褐色ですが、個人差が大きいので色だけで判断するのは難しいです。

ここまで大きくなっても、アクロコルドンや軟性線維腫と同じ「良性腫瘍」なので痛みは全く感じません。放置しておいても健康面には特に問題ありませんが、懸垂性繊維腫ほど大きくなると、アクロコルドン等と違って自然治癒はほぼ望めません。

薬だけで治すのも難しいサイズになってしまっているので、多くの場合は皮膚科で手術するという手段が用いられます。

病院ではどんな方法で脇イボを除去するの?

脇イボ 治療

剪除法(ハサミで切り取る)

脇イボの除去方法として最も一般的なのが剪除法(せんじょほう)という方法です。

難しい言い方ですが、要するにハサミやメスなどで脇イボを根元から切り取ってしまうという手術になります。昔から広く知られている方法なので大抵の病院で対応してもらえる他、イボの状態によっては保険が適用されるので手術費も安く済みます。

剪除法は特に懸垂性繊維腫などの大きなイボに用いられることが多い除去方法です。大きなイボを切除する場合は局所麻酔が使われるので施術中に痛みを感じることはありませんが、術後にはしばらく痛みが残ります。

剪除法で切り取った場所にイボが再発する可能性も少なくないことを頭に入れておきましょう。しっかりとした円形のイボなら根元から切り取れるので再発の可能性が低いといわれていますが、扁平な形のイボは綺麗に切除するのが難しいため、再発の可能性も高くなってしまいます。

また、加齢などの内的要因でできたイボは切除しても別の場所から再発する可能性が高いので、再発防止のために患部は日頃からケアしておく必要があります。

電気焼却(電気メスで焼き切る)

電気メスでイボを焼き切ってしまう方法を電気焼却といいます。

一般的には、大きなイボよりもアクロコルドンのような小さなイボの除去に用いられることが多い方法です。局所麻酔を打ってから行われるので施術中は痛みを感じませんが、麻酔が切れたあとは多少痛みを感じることがあります。

電気焼却のメリットは、施術中に出血がほとんど無いことです。痛みも出血も無いため患者の体力を消耗することなく、一度の施術で複数のイボを除去することが可能です。その特性から、電気焼却は小さなイボが大量にできてしまった部分の治療に向いています。

気をつけるべき点として、電気焼却の治療効果は電気メスを扱う医師の実力に大きく左右されるということがあります。電気メスによる治療では、深く焼きすぎると治療痕が残りやすく、焼き方が浅すぎるとイボが再発する可能性が高いというミリ単位の作業が要求されます。

上手く行けば剪除法よりも再発しにくい治療効果が期待できますが、電気メスの扱いに不慣れな医師にあたると痕が残ったりすぐに再発するという可能性も否定できないのです。電気焼却でイボを治療したい場合は、電気メスの扱いに熟達している専門の美容皮膚科を受診するようにしましょう。

薬を使った治療

塗り薬を使ってイボの症状を改善していくという方法です。剪除法や電気焼却に比べると即効性はありませんが、痛みも少なく費用も安く済むのがメリットです。

主に、イボを柔らかくする効果のある「サリチル酸」や、肌全体のターンオーバーを促進する「ヨクイニン」などが含まれた薬が処方されます。

薬局で市販の薬を購入することも可能ですが、イボの薬は保険が適用されるので、病院で専用の薬を処方してもらうほうがよいでしょう。

もしくは、脇の下にも使える低刺激のイボ対策化粧品でイボのケアをするという方法を使うのもオススメです。ただし、大きくなりすぎたイボには薬の効果が出づらい傾向があります。

イボが懸垂性繊維腫ほど大きくなってしまった場合は薬だけで治療することが困難なので、剪除法や電気焼却を用いる必要が出てきます。薬による治療は、比較的小さいアクロコルドンなどのイボに適した方法です。

イボ改善の薬としてよく用いられる「ヨクイニン」には肌のターンオーバーそのものを促進する働きがあるため、脇イボの再発を防止する効果が期待できます。

直接切り取る治療法に比べれば時間がかかる方法ですが、上手くいけば再発のリスクを低減することができるのが薬を使った治療の良いところです。

脇の下のイボが増えるならウイルス性イボを疑うべし!

他人に移りやすいイボ

脇の下のイボは放置していても自然治癒することがありますが、逆に増えてしまうというケースもあります。

増えるペースが遅ければ大して問題ありませんが、明らかにハイペースでイボが増えていくようなら「ウイルス性イボ」の可能性を考えなければなりません。

ウイルス性イボは、その名の通りウイルスを原因として発生するイボの総称です。「ヒトパピローマウイルス」が傷口などから肌に感染し、感染箇所が膨れ上がることでイボができます。

ウイルス性イボの恐ろしいところは、老人性イボとは違い「二次感染」を引き起こすところです。患部をかきむしったりするとウイルスがばらまかれ、別の部分に感染して新しいイボを増やしていきます。また、ウイルスの種類によっては触らないようにしていても一気に増えることもあるため注意が必要です。

脇の下にできるイボは老人性イボの可能性が高いのですが、ウイルス性イボができる可能性も決してゼロではありません。明らかにイボが増えるペースが早い場合や、イボに痛みや痒みがある場合など、異変を感じたときはすぐに皮膚科を受診しましょう。

関連記事ウイルス性イボができる原因と感染経路や治療法を徹底リサーチ!

脇の下の「副乳」をイボと間違えないように注意!

副乳 画像

稀に、本来の乳首とは別に「副乳(ふくにゅう)」という器官を持っている方がいます。

副乳は人間の祖先に乳首が複数組あった頃の名残で、一般的に通常の乳首よりも小さいので、イボと誤認されることがあります。場所は乳首の真下だったり下腹部だったりと個人差がありますが、最も副乳が出やすい場所は脇の下だといわれています。

副乳は普段かなり小さく目立たないため、ほとんどの人は自分に副乳があることにすら気づかずに暮らしています。しかし副乳はホルモンの分泌に反応して大きさが変わるため、妊娠した女性の副乳は突然大きく膨らむことがあるのです。

膨らんだときに初めて副乳の存在に気づいた人の多くは、それが乳首だとは夢にも思わず「イボができた」と錯覚します。そのため、副乳を除去しようとして薬を塗ったり、ハサミで切り取ろうとする人が後を立ちません。

しかし副乳はイボの薬では取れませんし、ハサミで切り取ると出血することもあり大変危険なので、自己判断で治療するのは危険です。

そもそも副乳は病気でも何でも無いので、イボとは違って無理に治そうとする必要はありません。ほとんどの場合ホルモンバランスが元に戻れば副乳は勝手に縮みますが、どうしても治したいという場合は専門の美容外科で切除してもらいましょう。

脇イボの予防方法・ケア方法について徹底解説!

脇イボ予防

日頃から予防を心がけていれば、脇イボの発生を抑えることは可能です。一度できてしまった脇イボでも、症状が軽いうちにしっかりとケアすれば手術をしなくても治る可能性があります。

しかし、イボの種類や原因によって対処法が異なることに注意しましょう。

ここでは脇イボの原因として代表的な「老人性イボ」「ウイルス性イボ」のケア方法、そして内的要因で発生するイボの予防方法について詳しく解説していきます。

脇の下にできた老人性イボのケア方法

アクロコルドン・軟性繊維腫・懸垂性繊維腫は全て「老人性イボ」の一種です。

それぞれ特徴の異なるイボですが、主に肌のターンオーバーが乱れることで起こるという原因は共通しています。これら老人性イボを自宅でケアしたいなら、イボが小さいうちに対処することが大切です。

アクロコルドンや初期の軟性繊維腫なら適切なスキンケアを行うだけでも治ることがありますが、懸垂性繊維腫くらいまで大きくなると自宅での治療は困難です。

大きくなるほどにスキンケアや薬だけでは治せなくなっていくので、イボができるだけ小さいうちから適切なケアを行うことをオススメします。

オススメのケア方法は、「ヨクイニン」などに代表されるイボケア成分を含んだスキンケア用品でケアする方法です。

ヨクイニンは肌のターンオーバーを促進する働きを持っているため、無理なくアクロコルドンの症状を改善してくれます。薬ではないので即効性こそありませんが、イボケア化粧品を継続して使うことはイボの再発を防ぐ意味でも重要です。

イボの治療に効果のある薬としては「サリチル酸」を含んだイボコロリなどが有名ですが、サリチル酸は刺激が強い成分なので皮膚が薄い部分への使用に適していません。

脇の下は皮膚が薄いため、サリチル酸を含んだ薬品よりも、ヨクイニンやあんずエキスといった副作用の少ない成分を含んだスキンケア用品を使うのが良いでしょう。

しかし、どの商品が一番効果的なのか分からないという方は以下のページをご覧になるとよいでしょう。

⇒ 顔や首のイボがぽろり!イボ対策化粧品ランキング

ウイルス性イボのケア方法

脇の下にできるイボの多くは老人性イボですが、なかには「ウイルス性イボ」ができてしまうというケースもあります。

ウイルス性イボは、皮膚の奥深くに潜んでいるウイルスを死滅させない限りは何度でも再発してしまう恐れがあるので注意が必要です。

ウイルス性イボは免疫力が落ちているときに発症しやすいため、体調が戻れば自然治癒することが多いといわれています。そのため、痛みや痒みが酷くなければ治るまで下手に手を出さない方が賢明です。むやみに触ると、ウイルスが飛散して別の場所にイボが広がってしまいます。

自然治癒しづらいウイルス性イボには、よく「サリチル酸」を含んだイボ治療薬が用いられます。しかし脇の下にできたイボの場合は例外で、イボコロリなどのサリチル酸入りの薬品には「皮膚の薄い部分には使用しないでください」と注意書きがあります。

脇の下は人体のなかでも特に皮膚が薄い部分なので、サリチル酸の入った薬品が使えないのです。そのため、脇の下にウイルス性イボができた場合は医師の診断を仰ぐのがベストです。

放置してすぐに治れば問題ありませんが、なかなか治らない場合は市販薬に頼ろうとせず、皮膚科で専用の薬を処方してもらうようにしましょう。

関連記事イボコロリはどんなイボにも使えるの?顔や首にはサリチル酸が逆効果

内的要因の予防方法

脇イボは、加齢や体質といった内的要因によって生じることも多いことがわかっています。

歳を取って皮膚にイボができるというのは当たり前のことなので、ある程度はあきらめるしかありません。しかし「皮膚の老化を遅らせる」ことができれば、内的要因による脇イボの発生を抑えることができます。

皮膚を老化させる最も大きな原因のひとつが「活性酸素」です。活性酸素は体内に侵入した細菌などを取り除く働きもあり、人間が生きる上で必要不可欠なものです。

しかし活性酸素には毒性もあるため、体内の活性酸素が増えすぎると肌の老化を促進する結果になってしまうのです。

逆に言えば、活性酸素をできるだけ取り込まないように生活していれば、肌の老化を防ぎ、内的要因による脇イボ発生のリスクを軽減できるということになります。

活性酸素を取り込まないようにするためには、毎日の食生活に抗酸化作用のある食材を取り入れたり、タバコやストレスといった活性酸素の原因となる要因を避けることが有効です。

制汗剤の過剰使用にも要注意!

脇の下に起こるトラブルとして、脇イボと並ぶほど多いのが「脇の下の黒ずみ」です。

ここまでにご紹介した「アクロコルドン」などが脇の下の黒ずみの原因となっている場合もあるのですが、若い層に多いのが「制汗剤の過剰使用」によって脇の下が黒ずむケースです。

基本的に副作用はないとされている制汗剤ですが、使いすぎると脇が黒く変色することがあります。これは脇の下に「メラニン色素」が過剰発生することが起こる現象で、病気というわけではありませんが見た目はかなり悪くなってしまいます。

制汗剤で脇が黒ずむ理由は、皮膚の薄い部分が制汗剤を「刺激」と認識し、防衛反応としてメラニン色素を発生させるためだと考えられています。

黒ずみをケアすることは可能ですが、以前と同じ状態まで戻すにはかなり時間がかかってしまうため、制汗剤の過剰使用は避けた方が賢明です。

また、質の悪い制汗剤を使用していると黒ずみが発生しやすいといわれているため、できるだけ肌に優しい制汗剤を選ぶのも予防のポイントです。

脇の色素沈着を改善する方法はある?

制汗剤の過剰使用などによって起こる脇の色素沈着は、一度発生すると改善まで時間がかかってしまうため予防するのが一番です。

しかし、もうすでに色素沈着が起こってしまったという場合でも根気よくケアすれば改善が見込めるので深刻に考える必要はありません。

脇の色素沈着を改善する方法は、症状と原因によって異なります。「ハイドロキノンクリーム」といった美白効果の高い塗り薬だけで治せる場合もありますし、症状が軽い場合は自然治癒してしまうというケースもあります。

市販薬では治らないほど濃い色素沈着なら、専門の美容皮膚科で治療を受けるということも可能です。美容皮膚科ではメラニン色素を破壊する「レーザー治療」を受けることができ、塗り薬よりも速く着実に治療することができます。

塗り薬による治療と皮膚科での治療、どちらの治療法を選ぶべきかは、黒ずみの程度によって判断しましょう。

イボぽろり|336×280「記事下」

イボぽろり|336×280「記事下」

おすすめ記事

艶つや習慣プラス 1

艶つや習慣プラスを取り扱う販売店は公式サイトのみ!もし、楽天やAmazonで売っていたとしたら、それは転売商品の可能性が高いので注意が必要です。

クリアポロン 2

顔や首に出来ているイボ、もう治らないと諦めてませんか? イボに効くと口コミで評判なのが、「クリアポロン」です。ただ、ネットの口コミでは、評価は様々ですので、良い面・悪い面を検証してから購入したいですね ...

3

首まわりなどに発生する老人性イボは、わざわざ病院に行かなくてもサプリメントを使用すれば改善できるかもしれません。 病院で治療するほどの即効性はありませんが、サプリメントには「痛みを伴わず、自宅で簡単に ...

-イボの種類

Copyright© 老人性イボの取り方 , 2017 All Rights Reserved.