老人性イボの取り方

いぼに関する様々な知識や取り方を紹介していくブログ

シミ消し化粧品

POLAの集大成!美白化粧品ディセンシアサエルは本当にシミに効く?

投稿日:

ディセンシアサエル

出典:https://www.instagram.com/

敏感肌で悩んでいる方の多くが「美白」に関する悩みを抱えているといいます。

美白成分は刺激が強いものが多いため、敏感肌ケアと美白ケアを両立させるのはどうしても難しいようです。しかしPOLAのブランド「ディセンシア」のサエルシリーズは敏感肌の皆さんの救世主になるかもしれません!

今回は、各所で高い評価を受けているシミ消しコスメ「サエル」シリーズについて詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

イボぽろり|336×280「記事下」

POLAが集大成と言い切ったディセンシアサエルとは

ディセンシアサエルとは

出典:https://www.instagram.com/

1929年創業にして、東証1部上場企業でもある大手化粧品メーカー「POLA(ポーラ)」。

スキンケア用品・ヘアケア用品・健康ドリンクなど、女性に喜ばれる製品開発を長年に渡って続けてきた有名企業ですね。

そんなPOLAが最も得意とするジャンルのひとつが「美白化粧品」です。

特に「ディセンシア サエル」シリーズはシミ消し効果が高いとして、多くの女性から高い評価を得ています。

通常の美白化粧品と比べて刺激が少ないディセンシア サエルは、敏感肌や乾燥肌の女性にも人気です。

そしてこの度、2018年3月26日にディセンシア サエルが完全リニューアルされると発表されたことをご存知でしょうか。

現行製品でも充分に高い評価を受けていたディセンシア サエルですが、POLAの最先端研究を活かしてグレードアップされた「新サエル」に生まれ変わるのです。

この記事を執筆している時点ではまだ発売されていない新サエルですが、販売元のPOLAが「研究の集大成」とまで言い切ったことでかなり話題になっています。

そこで今回は、新しく生まれ変わった「ディセンシア サエル」についての情報をどこよりも詳しくまとめてみたいと思います。

⇒ https://www.decencia.co.jp/【公式】

ディセンシア(DECENCIA)とは?

ディセンシア(DECENCIA)は、POLAが持つ化粧品ブランドの名称です。

「敏感肌専門ブランド」というコンセプトで誕生したブランドだけあって、肌の弱い方でも安心して使える低刺激性の化粧品を多く製造しています。

ディセンシアの製品開発の核ともいえるのが、ポーラ研究所が開発した特許技術「ヴァイタルサイクルヴェール」です。

ディセンシア ヴァイタルサイクルヴェール

ヴァイタルサイクルヴェールは肌の表面をピッタリと覆うバリア膜を形成する技術であり、この技術の誕生によって敏感肌の方でも使える化粧品の幅が大きく広がりました。

ディセンシアはこの他にも、様々な角度から「どうして人間は敏感肌になるのか?」という原因と対策を追求し続けています。

この度発表された「新サエル」についても、ポーラ研究所が2016年に解明した「ストレスによる敏感肌」のメカニズムを応用して作られているようです。

このように、ディセンシアの研究は敏感肌で悩む女性たちを大きく勇気づけ続けているのです。

サエル(saeru)とは?

サエル(saeru)は、ディセンシアブランドで発表された美白化粧品シリーズの名称です。

「冴えるような美しい白さ、透明感のある肌」をもたらすようにということで「サエル(冴える)」という名前が付けられています。

サエルが開発されたのは、ディセンシアが肌研究の一環で得た「敏感肌の方は美白が効きにくいと感じている」という調査結果がきっかけでした。

ディセンシアが肌研究

過去にディセンシアが行った調査によれば、敏感肌の女性の約7割が美白効果に不満を感じていることが分かり、その状況を打破する「敏感肌の女性向けの美白化粧品」としてサエルが開発されました。

ディセンシアが持つ特許技術「ヴァイタルサイクルヴェール」によって敏感肌の方でも安心して使える低刺激性を実現…さらに他社製品にも負けない安定した美白効果を兼ね備えたのがサエルでした。

発売から長きに渡って高評価を得続けてきたサエルでしたが、2018年3月26日にリニューアルされることが発表されました。

新サエルは従来の敏感肌対策に加え、新たに解明された「ストレスがシミを加速させる」というメカニズムを考慮し、より高い効果を得られる美白化粧品になっています。

新サエルは従来品と何が違う?

敏感肌の方に向けた美白化粧品として、もともとかなり有名だったサエル。

では、POLAに研究の集大成とまで言わしめたリニューアル後の「新サエル」は今までと一体なにが違うのでしょうか?

最も大きな変化ポイントは、2016年に解明されたばかりの「ストレスによる敏感肌」の考え方を取り入れたという点です。

「ストレスを感じると肌が荒れる」なんて話は昔からありましたが、実は今までその根拠やメカニズムを突き止めた研究者はどこにもいませんでした。

POLA・ディセンシアは長年の敏感肌研究の成果としてついにストレスと敏感肌の関係性を解明し、その先進技術を「サエル」に取り込むことに成功したのです。

ストレスがシミを増やすメカニズムを簡単に説明すると…

ストレスによる敏感肌 研究結果

まず人間は、日常的にストレスを感じることで自律神経のバランスが乱れ、血行不良を起こすことで皮膚の温度が低下します。

皮膚の温度が下がると肌本来のバリア機能が低下し、紫外線などの外部刺激が肌の奥深くまで入り込みやすくなってしまうのです。

外部刺激を受けやすい状態が続くことで肌が炎症を繰り返し、シミ・くすみが定着しやすい敏感肌が完成してしまう…というのが大まかな流れです。

新しいサエルは「ストレスバリアコンプレックスCL」などの独自処方を行うことでストレスから来るシミにも対応できるようになりました。

もちろん従来品の効果を支えていた「ヴァイタルサイクルヴェール」などの仕組みはそのまま活きているので、単純に従来品をイイトコどりしたグレードアップ品だと思って間違いないでしょう。

独自処方「ホワイトサイクルシステム」が肌に透明感を取り戻す

ホワイトサイクルシステム

新しいサエルは「ホワイトサイクルシステム」という方法でシミにアプローチをかけてくれます。

ストレスによるシミの増殖だけでなく、他の原因から発生するシミも一切見逃さないようにする隙のないアプローチ方法です。

「ホワイトサイクルシステム」はPOLA化粧品のなかでもディセンシアだけが持つ独自処方で、肌が弱い方でも効果的に美白ケアを行うために生み出されたシステムです。

3種類のアプローチを同時に行うことで、美白ケアと同時に「敏感肌そのもの」をケアしてくれるというのがホワイトサイクルシステムの特徴ですね。

ホワイトサイクルシステムの詳しい説明は、以下の3項目に分けてご説明していきましょう。

アプローチ①敏感肌ケア

ホワイトサイクルシステムで最も重要なのが「敏感肌ケア」です。

先ほども少し触れましたが、ディセンシアの製品開発の核である「ヴァイタルサイクルヴェール」という仕組みを使います。

ディセンシア ヴァイタルサイクルヴェール

ヴァイタルサイクルヴェールは「肌表面をラップのように包む技術」をイメージすると分かりやすいかもしれません。

見えないラップのようなものが肌全体を覆うことで、紫外線などの外部刺激を効率良く跳ね返し、同時に内側の水分が蒸発するのを防いで保湿効果を高めます。

外部刺激のブロックと保湿を同時に行うことができる一石二鳥の技術というわけですね。

この技術のおかげで、サエルは美白化粧品でありながら「敏感肌も同時にケアする」という効果を発揮します。

普通の美白化粧品は刺激が強くて使えない…とお悩みの方でも問題なく使えるのが、ディセンシアのサエルが持つ最大の魅力といえるでしょう。

アプローチ②シミケア

ホワイトサイクルシステムを支えるもう一つの技術が「シミケア」です。

「アドバンスメラノキャッチ処方」を採用し、気になるシミに集中的なアプローチをかけられる化粧品に仕上がっています。

刺激の強い美白成分で無理やりシミを抜くのではなく、「シミを少しづつ減らしていく」というのがサエルの考え方です。

ディセンシア ミケア

シミ消しの工程を「メラニンを作らせない」「メラニンを黒くしない」という2つに分け、加齢と共に増え続けるシミにストップをかけます。

肌の調子さえ整えれば、シミはターンオーバーによって自然と薄くなっていくので、「新しいシミを増やさない」ことを維持し続ければいつかシミはゼロに近づいていくわけですね。

シミを増やさないために配合されている成分も「ムラサキシキブエキス」「パルマリン」「ジンセンX」など自然由来のものが多いので、肌に余計な負担をかけることもありません。

また、薬用美白成分がメラニン自体の生成を抑えてくれるので、シミだけでなくソバカスの防止にも繋がります。

アプローチ③くすみケア

美白化粧品のなかにはよく「シミとくすみに効く」と謳われている製品がありますよね。

「シミ」と「くすみ」をほとんど同じものだと勘違いしているユーザーも少なくありませんが、厳密に言えばシミとくすみは原因も対策も全くの別モノなんです。

サエルのホワイトサイクルシステムでは、「くすみケア」にも充分な力を入れています。

ディセンシア くすみケア

肌のくすみを「青ぐすみ」「赤ぐすみ」「黄ぐすみ」の3タイプに分けて考え、その3タイプの原因となる「乾燥」のケアに重点を置きました。

極度に肌が乾燥すると青・赤・黄の3タイプのくすみが同時に発生することがあり、3色のくすみが混ざり合った部分は「黒」に見えることが分かっています。

黒いくすみはシミを余計に目立たせる要因になりますが、逆に言えば「黒いくすみさえ消してしまえばシミは目立ちにくくなる」わけです。

そこでサエルは3種類のくすみを消すことで肌全体をトーンアップさせると共に、シミが悪目立ちすることを防ぐ効果を狙いました。

シミが完全に消えるまでには時間がかかりますが、表面のくすみだけなら比較的すぐに改善するので、「シミを目立たなくする」ということにかけてはある程度の即効性が望めるでしょう。

ディセンシア サエルはどこの販売店で買えるの?

ディセンシア サエル 販売店

新しくリニューアルしたサエルは、2018年3月26日以降に手に入るようになります。

主な販売店はデパート等の化粧品売り場、ドラッグストア、POLAの専門ショップ、ネットショップなどです。

ディセンシアは愛好者の多いブランドなので、他社製品に比べると販売店舗も多く、わりと手に入れやすいと思います。

お気に入りのショップで販売されているならそちらから購入しても問題ないと思いますが、特にこだわりがなければ「公式サイト」から購入するのがオススメです。

なぜならリニューアルして間もない段階だと、通常のショップには「旧商品」が残っている可能性が高いからです。

POLAの専門ショップ等であればリニューアル品を取り扱っていると思いますが、ドラッグストアや化粧品売り場では旧商品の在庫を売りさばいている可能性が高いです。

旧商品も品質的には充分なものだったとはいえ、どうせならパワーアップした新サエルを手に入れたいものですよね。

その点、ディセンシアの公式サイトにアクセスすれば誤って旧商品を買ってしまうという心配もありません。

Amazonや楽天にはびこる「転売商品」に引っかかって損をする心配もありませんし、値段でも安全性でも公式サイトが一番だと言えるのです。

公式サイトからは新サエルの詳しい情報をチェックすることもできますので、興味のある方はぜひアクセスしてみてください。

⇒ https://www.decencia.co.jp/【公式】

サエルを試したいなら「トライアルキット」が圧倒的にお得!

アエル トライアルキット

出典:https://www.instagram.com/

ディセンシアの公式サイトでは、新サエルの「トライアルキット」を購入することができます。

もちろんいきなり通常商品を購入してもいいんですが、初めてサエルを使うという方には断然トライアルキットをオススメしたいです。

なぜならトライアルキットは「初回限定」「1人1セット限り」となっており、初めての方だけが利用できる特権だからです。

初回限定・1人1セット限りになっているのは、もちろん採算度外視のサービス品だからです。

トライアルキットにはサエルシリーズの「薬用美白化粧水」「薬用美白美容液」「薬用美白クリーム」「CCクリーム」の4点が入っています。

通常商品でこの4点を買おうとすると余裕で数万円単位になってしまうのですが、トライアルキットはなんと1,480円(税込み)。

もちろん通常商品よりも内容量は少なく10日分ということになってはいますが、それでも4種類まとめて1,480円というのは破格といってよいでしょう。

しかもトライアルキットは送料無料・手数料無料、その上「敏感肌ブランドだから30日間返品保障」という好待遇になっているのです。

万が一自分の肌に合わないと感じたらそのまま返品して良いので、ほとんどノーリスクでサエルを試すことができるという夢のセットになっているんです。

初めてサエルを試すという方は、このサービスを受けない手はないでしょう。

ちなみに、トライアルキットの詳しい内容が気になるという方のために解説を用意しておきました。

以下の項目で新サエルのトライアルキット内容をチェックしておいてください。

セット内容①薬用美白化粧水

サエル ホワイトニングローション コンセントレート

「サエル ホワイトニングローション コンセントレート」は、医薬部外品の指定も受けている薬用美白化粧水です。

現行製品と比較すると、リニューアル後の製品は保湿成分を1.7倍に増量、保湿力が313%にアップされています。

特に注目すべきは、高浸透保湿成分「セラミドナノスフィア」が配合されていることですね。

セラミドナノスフィアは一般的なセラミドの20分の1という超極小サイズなので、従来の化粧水に含まれていたセラミドよりも奥深くまで浸透します。

品質はわかりやすくパワーアップしていますが、使い方は従来品と大きく変わっていません。

普通の化粧水と同じように洗顔後に使えば、肌全体を効率的に保湿しながら美白ケアを行うことができます。

セット内容②薬用美白美容液

サエル ホワイトニングエッセンス コンセントレート

「サエル ホワイトニングエッセンス コンセントレート」は、敏感肌の方専用に作られた美白美容液です。

ディセンシア独自の「くすみの3原色」に着目した美白プロセスで、顔全体をシミの目立たない性質に導きます。

美白有効成分としてアルブチンを含んでいるので、シミの原因となるメラニンの生成を効率的に抑制してくれます。

アルブチンはハイドロキノンを参考にして開発された成分ですが、ハイドロキノンに比べて刺激が少ないため肌の弱い方でも安心して使うことができます。

こちらも、使用方法は通常の化粧水と大して変わりません。

「サエル ホワイトニングローションコンセントレート」で肌の下地を整えたあと、2~3プッシュを手に取って顔に馴染ませていってください。

シミができやすい頬の部分などは、もう1プッシュ程度とって重ね塗りするのもオススメです。

セット内容③薬用美白クリーム

サエル ホワイトニングクリーム コンセントレート

「サエル ホワイトニングクリーム コンセントレート」は、シミを薄くしながら肌全体のバリア機能まで高めてくれる薬用美白クリームです。

こちらもトライアルキットに入っている他の製品と同じく医薬部外品に指定されています。

ディセンシア独自の「ヴァイタルサイクルヴェール」の技術を使うことで、美白の大敵である乾燥や紫外線をシャットアウトするのに役立つクリームになっています。

「ベントナイト」が肌の表面をピッタリと覆い、「セラミドナノスフィア」が肌の奥深くまで潜って保湿、さらには「ヒト型セラミド」がしっかりと保湿効果をサポートしてくれます。

こちらの製品は、化粧水や美容液でのケアが終わったあとに使用するのがオススメです。

他社製品のものと合わせて使うことも可能ですが、できれば相性の良いサエルシリーズを選んでおいたほうが良いでしょう。

トライアルキットを購入すれば、必要なコスメが一発でそろうのでオススメです。

セット内容④CCクリーム

サエル CCクリーム コンセントレート

美白ケアに必要な基本の3ステップは、ここまでにご紹介した化粧水・美容液・クリームの3種類までです。

しかしトライアルキットにオマケでついてくる「サエル CCクリーム コンセントレート」を合わせて使えば、さらに高い美白効果が望めます。

CCクリームは美白効果そのものよりも、「外部刺激のガード」に特化した製品になっています。

自然由来の「オウゴン根エキス」を配合することで、排気ガスやタバコの煙といった環境ストレスによる老化を抑制してくれます。

他のケア用品では防ぎきれない小さな原因まで徹底的に抑え込んでくれるというわけですね。

このクリームには紫外線防止効果があるため、外出時に使うのがオススメです。

日焼け止め代わりに使うことで、日中の外出行動時にもシミの原因をカットし続けてくれます。

【通常使用】サエルトライアルセット

サエルに含まれている主な美容成分は?

サエル 成分

サエルシリーズには、美白や保湿に役立つ美容成分がたっぷりと配合されています。

ここまでの解説でも「アルブチン」「セラミドナノスフィア」「オウゴン根エキス」などをご紹介してきましたが、サエルシリーズの成分へのこだわりはこんなものではありません。

そこでまだご紹介できていない成分のなかから、特に注目したい成分をいくつかピックアップしてみました。

サエルの美容効果に不安を感じている方は、以下の成分の効果もチェックしてみてください。

パルマリン

パルマリンは、アンチエイジング効果が高いといわれる成分です。

パルマリン

あまり聞きなれない名前かもしれませんが、海藻の一種である「紅藻(こうそう)」から抽出された天然成分なのでご安心ください。

刺激が少ないことはもちろん、副作用の心配もほとんど無い成分なので敏感肌の方でも使用できます。

人間の肌は「タイトジャンクション(密着結合)」という働きで肌のバリア機能を保つのですが、パルマリンにはタイトジャンクションを活性化する働きがあることがわかっています。

タイトジャンクションの働きはストレスによって低下するため、パルマリン入りの化粧品を肌に塗ることでストレスからくる肌荒れを防ぎます。

実は、パルマリンが肌にもたらす美容効果を世界で初めて解明したのもポーラ研究所なのです。

化粧品業界ではすでに注目を集めている成分ですが、現在パルマリンを最も上手く扱えるメーカーはPOLAだと言って間違いないでしょう。

ジンセンX

ジンセンXは、漢方の世界で昔から用いられてきた「高麗人参」を原料とする成分です。

ジンセンX

実はこの成分も、ポーラ研究所が独自に開発したオリジナルの美容成分です。

簡単に説明すると、ジンセンXは「高麗人参の良いトコロだけを高濃度で抽出したエキス」です。

もともと抗炎症作用・抗菌作用・血行促進効果など様々な健康効果を持つ高麗人参から、美容効果の高い成分だけをギュッと凝縮しています。

高い血行促進効果を備えているため、血液の乱れを改善して肌コンディションを向上させてくれます。

血液がドロドロしている状態だと外部刺激によるダメージを受けやすい肌質になってしまうため、ジンセンXを使うことは「ストレスに負けない肌」を作ることに繋がるのです。

シミはもちろんですが、シワやデキモノなどの肌トラブル全般を防ぐ効果が期待できる成分です。

ムラサキシキブエキス

ムラサキシキブエキスは、秋ごろになると紫色に色づく「ムラサキシキブ」という植物から抽出された成分です。

ムラサキシキブエキス

この植物には高い抗酸化作用があることが知られており、また低刺激性であることから敏感肌の方向けの化粧品に配合されることがあります。

特定の成分に対して作用するというよりも、肌細胞へのダメージ抑制に役立つのがムラサキシキブエキスの強みです。

紫外線などの外部刺激を受けると肌の老化の原因となる「活性酸素」が発生してしまうのですが、ムラサキシキブエキスを利用すれば肌の酸化を抑えることが可能なのです。

外部刺激を防ぐためにゴテゴテと化粧品を塗ると敏感肌が加速してしまう恐れがありますが、ムラサキシキブエキス入りの化粧品なら最小限の使用で外部刺激をカットできます。

サエルシリーズは化粧水・美容液・クリームの全てにムラサキシキブエキスが配合されているので、敏感肌の方のケアに適しているといえるのです。

ディセンシア サエルの安全性について

ディセンシア サエルの安全性

サエルシリーズは、長きに渡って「敏感肌ケア」で高い評価を得てきたディセンシアの製品なので信頼性は高いといって良いでしょう。

ディセンシア自体も、スキンケア全般で高い技術力を誇るPOLAから始まったブランドなので安心して利用できます。

サエルシリーズは2018年3月26日に全面リニューアルされるため、今のところはまだユーザーからの口コミもありません。

ただしリニューアル前ですら「シミが消えた」「敏感肌でも使えた」といった口コミが多く集まる人気商品だったため、一定の期待はして良いはずです。

数々の人気化粧品を生み出してきたPOLAが「集大成」とまで言い切った製品なので、そんじょそこらの化粧品よりは遥かに安心して使えるのではないでしょうか。

成分についても詳細に調べてみましたが、やはり「敏感肌の方向け」に開発しただけあって、サエルシリーズには刺激の強い成分はほとんど配合されていないようです。

パルマリンやジンセンXといった自然由来の成分を中心に作られているので、副作用の心配も高くなさそうです。

サエルは発売前から多くのメディアに称賛されている!

ディセンシア メディア掲載

POLAが行った新商品発表会にて新サエルが発表された際には、関係者の間でかなり高い評価を受けたことが報告されています。

新商品発表会には美容業界のプロやメディア関係者が多数出席していたのですが、プレゼン後のアンケートでは出席者297名全員が「サエルには魅力がある」と回答しています。

いくらプレゼンの段階とはいえ、美容のプロが集まる会合で良い評価が100%に到達するというのは異例の事態です。

これまでPOLAが築き上げてきた信頼と、現行品のサエルシリーズの評価の高さがあってこそ成せる技だといえますね。

また、新サエルは発売前の段階から「VOGUE」や「GINGER」といった有名女性誌で注目コスメとして紹介されています。

リニューアル後のサエルが、世間からどれだけ注目を集めているかわかるエピソードですね。

リニューアル前のサエルにはどんな口コミがついていた?

サエル 口コミ?

残念ながら、リニューアル後のサエルについては、まだユーザーからの口コミがありません。

しかし「アットコスメ」などの口コミサイトを確認してみると、リニューアル前のサエルについてはたくさんの口コミが集まっていました。

厳密に言えば別商品ということになってしまいますが、参考までに旧サエルの口コミ評価をいくつかピックアップしてみましょう。

良い口コミ
悩み:花粉の時期の敏感肌

ポーラ・オルビスグループの敏感肌用ブランドということで期待して購入しました!

私は花粉症のせいで、春先になると敏感肌になってしまうので、この時期は刺激の強い化粧品を使うことができません。

しかしサエルはヒリヒリすることがなく普通に使えたので、やっと春に使えるコスメ発見!って感じでした。

(20代女性)

良い口コミ
悩み:肌のくすみ

トライアルキットを購入、試してみることにしました。

サイトには「メラニンを黒くしない」って書いてあったんですが、その効果のおかげなのか肌のくすみが薄くなっていきました。

伸びがいいので乾燥もしませんし、敏感肌な私でも問題なく美白ケアできて気に入っちゃいました。

(30代女性)

良い口コミ
悩み:シミ

怪しい化粧品で失敗したことがあったので、「医薬部外品」ってトコロに惹かれてサエルを選びました。

べたつきがなく刺激の少ない使用感が気に入って、トライアルキットが無くなったあとも日常使用してます。

シミが薄くなったのも嬉しいんですが、肌がプルっとしてきたのが嬉しい誤算でした。

(30代女性)

インスタでもサエルは高評価

ディセンシア サエルホワイトCCクリーム?を試してみました?? テクスチャーは固いクリームで真珠1粒くらいを伸ばし使います。 最初多く取りすぎて真っ白になってしまいました(???) 真珠1粒くらいだとちょうど良い仕上がりに?? 伸びは良くもなく悪くもなく‥っといった感じでしょうか‥。 1番の気になりどころはちょっとお肌が最後ペタペタするかな‥。 くすみの3原色をカバーする「トリプルライティングパール」配合っというだけあってお肌の毛穴は目立たなくなります? イヤなニオイもしないし、敏感肌でも使えるのでペタペタする以外は◎ #ディセンシア #サエル #日焼け止め #日焼け止めCCクリーム #敏感肌用 #美白ケア #肌色補正

あやぱんさん(@ayapanhiro04)がシェアした投稿 -

敏感肌でお悩みの方にはサエルが断然オススメ!

今回はディセンシア サエルについて調査してみましたが、調べれば調べるほど信頼性の高い製品であることが分かってきました。

特に2018年3月以降のリニューアル品に期待しているユーザーは多いようで、個人ブログなどでも「早く手に入れたい」といった声が目立ちました。

肌が強い方でも使用することは可能ですが、敏感肌でお悩みの方には使ってほしい製品ですね。

シリーズも化粧水・美容液・クリームの3種類を揃えるだけで基本のケアができてお手軽ですし、CCクリームも合わせて使えばさらに効果が高まるので使い方の幅も広がります。

他社の美白化粧品でシミ消し効果を実感できなかったという方は、ぜひサエルシリーズを手に入れてみてください。

リニューアル前の製品を使ったことがあるという方も、ディセンシア製品自体が初めての方も、やはり最初はトライアルキットを注文するのがオススメです。

手軽に試せるからというのも理由ですが、サエルシリーズの4種類全てを試せるセットがたった1,480円(税込)で手に入る機会もそうそう無いのでこのチャンスを活かしてください!

トライアルキットの購入はディセンシアの公式サイトからどうぞ。

もちろん、公式サイトからいきなりサエルシリーズの現品を購入することも可能ですよ。

⇒ https://www.decencia.co.jp/【公式】

イボぽろり|336×280「記事下」

イボぽろり|336×280「記事下」

  • この記事を書いた人
roujin_ibo_yaba5

北沢

50代でパートをしている北沢です。10年ほど前から老人性イボで悩んでいましたが、試行錯誤の末に改善できたんです!以前ドラッグストアで働いていた経験を活かして、私でも自宅でできた老人性イボの取り方について紹介します。

人気のいぼ取りクリーム

わらびはだ 1

歳を重ねると肌に出てきてしまう小さなポツポツやイボは美容の大敵です。 顔や首まわりのポツポツが気になり始めたら「わらびはだ」を使ってみてはいかがでしょうか。 わらびはだはメディアでも度々紹介されており ...

艶つや習慣プラス 2

艶つや習慣プラスを取り扱う販売店は公式サイトのみ!もし、楽天やAmazonで売っていたとしたら、それは転売商品の可能性が高いので注意が必要です。

クリアポロン 3

顔や首に出来ているイボ、もう治らないと諦めてませんか? イボに効くと口コミで評判なのが、「クリアポロン」です。ただ、ネットの口コミでは、評価は様々ですので、良い面・悪い面を検証してから購入したいですね ...

-シミ消し化粧品

Copyright© 老人性イボの取り方 , 2018 All Rights Reserved.