老人性イボの取り方

いぼに関する様々な知識や取り方を紹介していくブログ

イボの種類

首のまわりにほくろが増える!実はそれ首イボかもしれません!

更新日:

出典:https://ameblo.jp/fraijeu/

首のまわりに黒い点々が増えた経験はありませんか?
ほくろと勘違いされがちですが、実はそれ「首イボ」かもしれません!

首イボについてよく知っていれば、病院に行かなくても自宅でケアすることが可能です。
ここでは、ほくろと首イボの見分け方や、対処法の違いについてご紹介します。

スポンサーリンク

イボぽろり|336×280「記事下」

ほくろとイボって何が違うの?

ほとんどの人は、体のどこかに「ほくろ」があるものです。

見た目に美しいものではありませんが、基本的にほくろは健康に害を及ぼすものではないため、多くの人が大して気にもしていないでしょう。

最近ではレーザー治療などで簡単にほくろを除去できるようになりましたが、よほど大きなほくろでない限りは放置する方がほとんどです。

一方で、ほくろとよく似た症状に「イボ」がありますが、イボの場合は扱いに注意が必要です。

イボにもいくつか種類がありますが、なかには放置しておくと急激に増殖したり、健康に被害を及ぼすタイプのものもあるからです。

見た目がそっくりな「ほくろ」「イボ」ですが、この2つは具体的に何が違うのでしょうか。それぞれの特徴をよく知っておくことで、取るべき対処を見出すことができるようになります。

ほくろとは

ほくろは、医学的に言うと「色素性母斑(しきそせいぼはん)」という症状です。
全身のどこにでもできる可能性があり、大小合わせてほくろがひとつもないという人はほとんどいません。

ほくろの正体は、メラニン色素を含む細胞である「メラノサイト」が皮膚の一部に集まったものです。
人間は日焼けをすると肌が浅黒くなりますが、その原因となっているのもこのメラノサイトです。

紫外線や遺伝などの影響でメラノサイトが皮膚の一部に高密度で集まり、表皮を押し上げることでほくろを構成しているのです。

日焼けと似たメカニズムで発生するほくろですが、日焼けほど頻繁に発生するわけではありません。後天的なほくろは1~2歳くらいからでき始めることが多く、大人になってからも目に見えて増殖し続けることは稀です。

ただし、一般的なほくろは良性腫瘍と呼ばれるもので、悪性に変異しない限り健康に大きな被害をもたらすことはありません。

イボとは

イボは、医学的には「疣贅(ゆうぜい)」と呼ばれる症状の総称です。
ひとくちにイボといっても原因や症状の進行具合などによって名称が変わります。

大きく分けると、加齢や皮膚ダメージによって発生する「老人性イボ」と、ウイルスに感染することで発生する「ウイルス性イボ」があります。

老人性イボとウイルス性イボはそれぞれ治療法が全く違うので、皮膚にイボができてしまった場合はまずどちらの症状なのかを判断しなくてはなりません。

老人性イボは良性腫瘍なので健康に大きな被害をもたらしませんが、しかし放置していると徐々に増えることがあるので注意が必要です。

ウイルス性イボは痛みや痒みを感じることが多く、厄介なことに他人に感染する可能性もあるため、症状が重ければ早めに皮膚科を受診する必要があります。

老人性イボ・ウイルス性イボのどちらにせよ、ほくろに比べれば治療の優先度が高い症状だといえるでしょう。

関連記事ウイルス性イボができる原因と感染経路や治療法を徹底リサーチ!

ほくろとイボを見分ける方法はある?

結論から言えば、素人がほくろとイボを外見だけで完全に見分けるのは困難です。ある程度は特徴に違いがあるものですが、イボにそっくりなほくろ、ほくろにそっくりなイボというものも珍しくないからです。

この2つの本質的な違いは「皮膚のどこに発生したのか」という点にあります。「皮膚の内側」にメラノサイトが固まったものがほくろ、「皮膚の表面」が変形したものがイボと呼ばれます。

皮膚科を受診すれば一発で答えがでますが、残念ながら素人目にはそのデキモノが皮膚の内側から発生しているのか表面にできているのかを判断することはできません。

ただし、ほくろとイボは「増え方」によってある程度見分けることが可能です。急激に増えるケースはほとんど無いほくろに対し、イボは年齢に関わらず急激に増殖することがあるからです。

数年かけて徐々に大きくなったならまだしも、ほんの数週間で爆発的に大きくなったり増えたりしたデキモノは高確率でイボであるといえます。

首に増えたほくろの正体はイボである可能性が高い!

首イボ

一般的に、ほくろとよく間違われるイボは「老人性イボ」の方です。
老人性イボのなかでも特に、首まわりに発生する「首イボ」がほくろと勘違いされがちです。

鏡で自分の姿を見たとき、「あれ?首に小さなほくろが増えたような…?」なんて感じたら、首イボの可能性を疑いましょう。

多くの女性が加齢と共に悩まされることになる首イボですが、ある日突然首イボが増えたからといって落胆することはありません。

皮膚科を受診しなければ治せないほくろと違い、首イボはわざわざ病院に行かなくても自宅でケアすることが可能なんです。

ここからは、ほくろと間違えられがちな首イボの特徴と対処法についてご紹介します。

首まわりのほくろに悩んでいるという方は、今一度ほくろではなく首イボの可能性が無いかどうかを再確認してみてください。

首イボの特徴

首イボは老人性イボの一種で、30代を超えたころから発生しやすくなる皮膚疾患です。
稀に10代~20代でも首イボができることがありますが、歳を取るほど発生リスクが高まるという点では同じです。

「首イボ」という呼び名からも分かる通り、首やデコルテに発生しやすい傾向があります。
皮膚の薄い部分ほど出来やすいのですが、生活習慣によっては背中・脇腹・お尻などに発生することも珍しくはありません。

できはじめは1~2㎜程度の小さなイボですが、何年も放置しておくと直径1~2㎝になる場合もあります。

直径1~2㎝にまで成長した首イボは「懸垂性繊維腫(けんすいせいせんいしゅ)」と呼ばれ、ここまで大きいものは自宅でのケアが困難です。

懸垂性線維腫

大きくなりすぎたものは皮膚科で外科手術を行わなければ治らないので、首イボは初期症状のうちにケアしておくのがベターだといえます。

ちなみに、首イボの正体は「古くなった角質の塊」なので、痛みや痒みを感じることはありません。

もしも痛みや痒みを感じるようなら首イボではなく、ウイルス性イボや魚の目などの可能性があるので、念の為に皮膚科を受診しておいたほうが良いでしょう。

関連記事魚の目の芯の取り方|薬局で買えるオススメの市販薬と正しい使い方

首イボができたらどうすれば良い?

イボ 悪化

出典:https://www.beautyheaven.com.au/

首イボができてしまった場合でもそこまで慌てることはありません。

そもそも首イボはシワやシミなどと同じ老化現象の一種なので、それ自体が病気に繋がることは無いからです。また、直径が1㎝に満たない小さな首イボであれば、病院に行かずとも自宅ケアだけで改善する可能性があります。

首イボの自宅ケアには「紫外線対策」「保湿」「アクセサリーを控える」など、様々なものがあります。要するに、生活習慣を見直して首イボができる原因をひとつづつ排除していくという方法が有効になるのです。

また、首イボは「肌のターンオーバー」が正常化することで改善に大きく近づきます。
そのため、首イボを無くすためには肌のターンオーバーを促進する成分を配合した「イボケア化粧品」を使うのも有効です。

人間の肌は歳を重ねるごとに肌のターンオーバーが乱れがちになります。
イボケア化粧品を使ったケア方法は、若い世代だけでなく肌のターンオーバーが乱れやすくなる40代~50代の女性には特におススメです。

現在、イボケア化粧品は複数の化粧品メーカーによって製造されており、なかには累計数十万個を売り上げている人気商品もあります。

当サイトでも、それぞれの製品の特徴や口コミについて詳しくまとめておきましたので、初めてのイボケア化粧品購入に迷っている方はぜひ参考にしてください。

首や顔のイボがぽろり!オススメのいぼ化粧品ランキング

艶つや習慣プラス

艶つや習慣 50代~向けLP URL1
値段 4.104円/120g・1ヶ月分 ⇒ 2.052円(初回分)
1日あたり 68.4円(初回分で計算)
主成分 ハトムギエキス・あんずエキス・プラセンタ
公式HP http://www.aqua-b.jp/

艶つや習慣の特徴

艶つや習慣は、老人性イボのケアはもちろん、化粧水や乳液などの成分を配合することでスキンケアの効果を高めたオールインワンジェルです。

老人性イボの改善に高い効果が期待できるとされるハトムギエキスやあんずエキスといった成分が従来品の5倍も配合されており、顔や首まわりのイボに悩む女性たちに高い支持を得ています。

しかも1ビン120gとかなり大容量なので、お子さんのお風呂上りの肌ケアや、男性のヒゲ剃り後のスキンケアなど、老人性イボに悩む女性だけでなく家族みんなで使用できる使い勝手の良さも魅力です。

艶つや習慣は唯一、定期便の解約縛りがありません。1回だけお試ししたい方でも、一番お得な艶つや定期便に申込むことで初回50%OFF・送料無料で購入することができます。


クリアポロン

値段 6.800円/60g・1ヶ月分 ⇒ 1.800円(初回分)
1日あたり 60円(初回分で計算)
主成分 Wヨクイニン・あんずエキス・ダーマヴェール
公式HP http://www.clearporon.jp/

クリアポロンの特徴

クリアポロンは、「トリプルスポット方式ケア」と呼ばれる独自のメカニズムで老人性イボをケアしてくれるオールインワンジェルです。

老人性イボの治療に高い効果を発揮することで知られるヨクイニンが不要な角質を落とし、プラセンタなどの美容成分を肌に浸透させ、セラミドでお肌のバリア機能を高めるという3つの視点からケアを狙います。

ただ単にイボを落とそうとするのではなく、肌の機能そのものをパワーアップさせて老人性イボの再発に備えてくれる点がクリアポロン最大の特徴なのです。


アプリアージュオイルS

値段 8.424円/40ml・1.5ヶ月分 ⇒ 5.896円(初回分)
1日あたり 131円(初回分で計算)
主成分 杏仁オイル・ヨクイニンエキス・植物性スクワラン
公式HP http://www.aib21.com/

アプリアージュオイルSの特徴

アプリアージュオイルSは、老人性イボの最大の原因となる「乾燥」の予防に着目したいぼケア化粧品です。

アプリコットオイルを中心に天然の植物成分100%で作り上げられたアプリアージュオイルSは、乾燥したブツブツ肌に理想的な保湿ケアを行ってくれます。

界面活性剤・石油系鉱物油などの余分な成分は一切配合されていないので、いつまでも安心して使うことのできる高品質な美容オイルです。

薄い茶色のほくろはメラノーマの可能性あり!

メラノーマ

ここまで、ほくろとイボの違いや対処法についてご紹介してきましたが、最後に注意しておかなければならないことがあります。

イボと同様、ほくろと間違われることの多い症状のひとつ「メラノーマ」についてです。
メラノーマはいわゆる「皮膚がん」の一種です。

ほくろを形づくる「メラノサイト」などがガン化したもので、発症後の死亡率が高いことでも知られています。放置していても大した被害の無いほくろや老人性イボとは違い、メラノーマの疑いがある場合は一刻も早く専門の医療機関を受診する必要があります。

メラノーマの最大の恐ろしさは、「ほくろと間違われて放置されがち」だということです。
早期発見に成功すれば95%以上の確率で治るとされているメラノーマですが、ほくろだと思って放置すると驚くべきスピードで症状が進行します。

日本では年間700人前後がメラノーマによって死亡しており、決して他人事だと楽観視することはできない病気なのです。

メラノーマとほくろを見分ける方法はある?

メラノーマとほくろを見分けるための5つの判断項目があります。
専門の医療機関でも使われている「ABCDE基準」と呼ばれるものです。

  • 「A」Asymmetry(左右非対称の形をしている)
  • 「B」Border irregularity(端がギザギザしていて、境界に鮮明な部分と不鮮明な部分がある)
  • 「C」Color variegation(黒褐色が多いが色調にムラがあり、青・赤・白が混ざっている)
  • 「D」Diameter enlargement(最も大きい部分の直径が6㎜を超える)
  • 「E」Evolving lesions(大きさ・形・色・表面の状態などに変化がみられる)

自分のほくろの状態を確認して、これらの特徴が当てはまるようなら要注意です!

メラノーマは悪化すると死亡率の高い病気ですが、これらの特徴を知っていれば早期発見できる病気でもあります。

早期発見できれば命が助かる可能性がグンと上がるので、ほくろの状態に違和感を感じたらすぐに医療機関を受診しましょう。

イボぽろり|336×280「記事下」

イボぽろり|336×280「記事下」

おすすめ記事

艶つや習慣プラス 1

艶つや習慣プラスを取り扱う販売店は公式サイトのみ!もし、楽天やAmazonで売っていたとしたら、それは転売商品の可能性が高いので注意が必要です。

クリアポロン 2

顔や首に出来ているイボ、もう治らないと諦めてませんか? イボに効くと口コミで評判なのが、「クリアポロン」です。ただ、ネットの口コミでは、評価は様々ですので、良い面・悪い面を検証してから購入したいですね ...

3

首まわりなどに発生する老人性イボは、わざわざ病院に行かなくてもサプリメントを使用すれば改善できるかもしれません。 病院で治療するほどの即効性はありませんが、サプリメントには「痛みを伴わず、自宅で簡単に ...

-イボの種類

Copyright© 老人性イボの取り方 , 2017 All Rights Reserved.